7/29 さまよえる蒼いジェベル 下田~湯之谷~山古志

画像
画像

こんな光景最近ありましたね・・・。
まさかまた同じシチュエーションに遭遇するとは思ってもみませんでした。
ここは山古志のとある山中、地図に載ってない林道を延々と下っていくと遠くに見える堰堤。
嫌な予感がしつつも先へ進むと画像の場所に出ました。
もうちょっと水が多かったら水没・・・。
降り口はコンクリ舗装なんですがものすごく急で後輪がスリップして乗ったままでは登れず、エンジンをかけて途中まで押してやっと戻れました。


この日は先日の下田・栃尾探索の行き忘れと古いツーリングマップルに載っていた湯之谷の林道に行ってマッタリ帰ってくるだけのはずだったんですがねぇ・・・。

画像

7/25の行き忘れ、林道下塩大沢線。
3kmチョイの砂利ダート。

画像

本日の行く末を暗示するかのような怪しげな雲・・・。
天気予報は20%だから大丈夫さ!そう自分に言い聞かせ先へ進みます。

画像

林道千溝線。道の駅ゆのたに近くの鳴倉山への林道です。
ツーリングマップルには上級者向けと書いてありました。
そしてこのあたりから雨足が強くなり始めます・・・。

画像

画像

鳴倉山頂へは鎖で進入禁止。

画像

どれくらい危ないのか歩いて入ってみました。
画像では分かりづらいですがすごい急角度&ガレです。
止まったら最後。

雨の中を道の駅ゆのたにまで引き返し一服。
帰りどうしようかなーと地図を眺め、来た道でもつまらない、R17からでもつまらないので山古志経由で帰ることに。

画像

道光高原から山古志へ。
以下スライドショーにて。
さまよえる蒼いジェベル←こちらをクリック

画像

GPS編集ソフト画像に注釈を入れてみました。
道光高原からR291までまっすぐいけるのかと思ったらトンネルの上の道・・・。
で、適当に走り回って芋川トンネル付近にやっと降りられました。
その後は県道514水沢新田種芋原線を北上して県道563南平小平尾線を抜け県道23からR17で帰宅。
場所が場所だし精神的に疲れました。
でも走りがいのある場所なのでまた行きたいです。

"7/29 さまよえる蒼いジェベル 下田~湯之谷~山古志" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント